23. 空手

空手Tシャツの再注文

2016年06月03日 20時49分

オリジナルで空手のTシャツを発注した後に、
再度同じものが必要になったりほしくなることが結構あるのではないかと思います。
 
例えば新しいメンバーが加わったときには、その都度Tシャツを渡すことになります。
また、すでにいるメンバーのTシャツが破れてしまったりぼろぼろになったときには、
新しいものがほしいとなるのではないかと思います。
実は、同じデザインのTシャツは必要な時に必要な数だけ頼むことができます。
 
追加で注文する際のメリットとして挙げられるのは、
デザインを考える必要がないのと、版代がかからないという点になります。
新規でデザインを考えるとなると、そのデザインに合った版を作ることになります。
その版を作るには、色ごとに新たな版が必要になってきます。
 
しかし、追加で発注する場合は、この版代がかからないのです。
すでに作ってある版を利用してプリントするだけですので、
お得な料金で作ることが可能です。
 
しかし、店舗によって異なりますが、版の保存期間というものがあります。
半年のところもあれば1年のところもあるのですが、
この保存期間を超えてしまうと版が捨てられてしまいますので、
再度版を作り直さなければなりません。
 
それから、再注文の枚数にも注意したいものです。
好きな時に何枚でも注文できるのが再発注の良いところですが、
枚数が少なすぎると1枚当たりの価格が高くなってしまいます。
 
何十枚以上、100枚以上の発注の場合は1枚当たりのコストがかなり下がりますが、
反対に数枚しか頼まない場合は1枚当たりが高くつくのです。
新しいメンバーが1人や2人入ったからといって、
そのたびに2枚、4枚ずつ頼んでいては、かなりもったいないのではないかと思います。
 
予算に余裕があるのであればそのような他の見方でもよいのではないかと思いますが、
通常はまとめて一気に追加注文したほうがお得です。
再発注の際にも、今後のことを考えて大目に頼むのが良いのではないでしょうか?
ちょっとしたことかもしれませんが、大量に発注したほうが節約につながりますので、
再発注の際にもそのことを考えてみましょう。