23. 空手

空手ユニフォーム制作の納期について

2016年06月03日 20時48分

空手で利用するチームTシャツを作成する際には、
納期が気になるという方も多いのではないでしょうか?
例えば試合までに新しい胴着が必要だという場合と比べると、
練習で利用するチームTシャツの納期はあまり重要ではないと考えるかもしれませんが、
それでもできるだけ早くほしいという方も多いのではないかと思います。
それでは、オリジナルのTシャツを作った場合はどれくらいで手元に届くのでしょうか?
 
最も確実なのは、作成する前にその業者に納期を確認することなのではないかと思います。
早ければ翌日や数日後に送ることができるという業者もいますが、
混んでいる時期などになるとそれなりの時間がかかるケースもあるはずです。
同じ業者にであっても状況によって納期が異なりますので、
絶対に必要な日があるのであればその日を伝えておくようにしましょう。
それが間に合わないのであれば、他の業者を選ぶことになります。
 
一応ここでは、発注から納品まで時間がかかる可能性も踏まえて、
オリジナルのTシャツの納期について紹介させていただきます。
例えば、早く納品できるという業者であったとしても、
注文状況や制作内容などの条件によって納期が変わってきたりします。
それはいったいどういうことなのでしょうか?
 
注文状況というのは、その業者の混み具合といったところでしょう。
実際に、他から大型の注文が集中的に入っている場合は、
どうしてもあとから注文したTシャツは後回しとなってしまいます。
そうなると、謳っている納期に間に合わないケースも出てくるのです。
 
どうしても急いで作ってほしいという場合には、それを伝えてみましょう。
何とか対応して間に合わせてくれる業者もあるかもしれません。
しかし、それでも無理だというのであれば他の業者を当たるしかないかと思います。
 
制作内容とは、Tシャツのデザインなどの内容のことになります。
例えばデザインの内容が完璧に決まっていてそれを業者に出すだけだ、
というケースであれば、業者とのやり取りは一瞬で終わってしまうのではないかと思います。
 
すでにTシャツの色も決まっているしデザインも決まっている、
注文する枚数も決まっているし見積もりの価格にも納得しているという場合であれば、
最初のコンタクトから納期までの期間を最小限に抑えられるでしょう。
 
しかし、デザインがまだまだ漠然としていて何も決まっていないという場合は、
その後も業者と何度もやり取りしなければなりません。
また、ユニフォームの色や枚数もまだ決まってないというようなケースも、
同様に最初のコンタクトから時間がかかるのではないでしょうか?
さらに、デザインを確定した後の見積もりに納得できないという場合は、
その見積もり内容を変えるために再度デザインをし直すことになります。
 
そうなってしまうと、また一からやり直しということにもなりかねませんので、
その分時間がかかってしまうのです。
どうしても納得いくオリジナルのTシャツがほしいという場合は、
できるだけ余裕を持って発注する必要がありそうです。
もしくは、納期を優先して絶対にこの日までに作るというのであれば、
どこかデザインや価格などを妥協することになるのではないでしょうか?
 
なんにしても、早め早めに申し込んでおけばすべてに納得した
オリジナルのTシャツを手に入れることができるのではないかと思います。
早く申し込みをすればそれだけで割引になる業者も存在しますので、
どうせTシャツを作るのであれば、
そのような業者を利用してお得にTシャツを手に入れるべきでしょう。